:: admin ::: NewEntry ::

This Category : 雑学

--.--/-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン

2005.10/31 *Mon*
今日はハロウィンですね。

ハロウィーン(Halloween)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものとされている。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。

という事らしいのですが、お正月もクリスマスもお盆もバレンタインデーも仏教もキリスト教も何でもかんでも取り入れちゃう日本人のことですから、ハロウィンも浸透してるんですかね?(笑)
かぼちゃ・・・私はハロウィンよりも冬至のかぼちゃが思い浮かびます~。

昔から「冬至にかぼちゃを食べると中風にならない」「風邪をひかない」といわれています。現在と違って、冬は新鮮な野菜が少なくビタミンがとりづらかったのでしょう。比較的長期の保存がきくかぼちゃが冬の間のビタミン補給に最適だと、経験でわかっていたようです。
※中風(ちゅうぶう・ちゅうふう)= 脳溢血の後遺症の手足の麻痺や半身不髄のこと。手足の震えが特徴的な症状。

冬至とは、北半球では一年中でいちばん昼が短く夜が長い日で、次の日からまた昼が長くなっていく。昔から、この日に柚子湯に入ると無病息災、かぼちゃを食べると中風(ちゅうぶう)にならない、風邪をひかないといわれている。これは野菜類の乏しい季節に、それを春を呼ぶ神に供えた名残りであろう。

スポンサーサイト

中秋の名月

2005.09/18 *Sun*
今日って中秋の名月だったんですね!
メロの月を見て思い出しました(笑)。m9.png
いやぁ、昨日まで覚えていたんですがね。f(^^;
昔から旧暦八月十五日の月を「中秋の名月」と呼んできたんですよね。

一年には「春夏秋冬」の四季がありますが、旧暦では3月毎に季節が変わり、「一・二・三月」は春、「四・五・六月」は夏・・。そしてそれぞれの季節に属する月には「初・中(仲)・晩」の文字をつけて季節をさらに細分するのに使いました。たとえば旧暦四月は「初夏」となります。
 この方式に当てはめると、「八月」は秋の真ん中で「中秋」。旧暦は太陰暦ですから日付はそのとき月齢によく対応しますから、月の半ばである15日はだいたいにおいて満月になります。
 古くから日本には八月十五日に秋の澄んだ空に昇る満月を「中秋の名月」と呼んで鑑賞する風習がありました。

さてみなさんの地方では今夜の月は見えましたか?
私の住んでる街の月はメロの月ほど大きくはなかったですが、ちゃんと見えましたよ~(笑)。

Copyright © Fairy tail All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

カテゴリー




最近の記事




カウンタ





過去ログ


リンク




ワードハイライト


最近のコメント


Mero


Weather







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。